晴れのち曇り時々雨

言いたい放題 独断と偏見で 綴ったブログ  独り言ですから~~~そこのところは宜しくw
晴れのち曇り時々雨トップ > スポンサー広告 > 自動車各社、減産加速も 販売減歯止めかからず晴れのち曇り時々雨トップ > 未分類 > 自動車各社、減産加速も 販売減歯止めかからず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

自動車各社、減産加速も 販売減歯止めかからず

 国内の新車販売が2月も減少に歯止めがかからなかったことで、自動車メーカー各社の減産がいっそう加速する可能性も出てきた。各社は春先にも在庫調整にめどをつけ、減産緩和に切り替えたいと期待するが、足元の販売減は各社の想定を超える。「国内工場の整理・統合も必要になる」(自動車アナリスト)との声も出ている。

 2月の国内新車販売(軽自動車を除く)は前年同月比32.4%減と、昨年12月の22.3%減、1月の27.9%減よりも拡大した。景気の先行き不透明感から、3月以降も「見通しがまったく立たない」(日本自動車販売協会連合会)状況だ。自動車メーカー各社で作る日本自動車工業会(自工会)は昨年末、09年の国内新車販売が前年比4.4%減の約486万台との見通しを示したが、「達成は無理」(自動車ディーラー)との声が大勢だ。

 自動車各社は1月、国内生産台数を、過去最大の減少率となる前年同月比41.0%減まで引き下げた。これにより、年明けを機に一気に在庫を圧縮し、「早期に増産に転じて潮目を変える」(大手幹部)狙いがあった。トヨタ自動車やホンダなどは、3~4月にかけて、国内工場の操業停止日を減らす方針も打ち出した。

 しかし、円高も重なり輸出の採算が悪化するなか、一部メーカーは輸出用の車種生産を、海外の現地生産に切り替える検討も始めている。国内市場の縮小が止まらなければ、国内生産は減る一方で、「雇用や地域経済への影響がいっそう深刻化する可能性がある」(業界関係者)との声も強まっている

今の日本の大企業にとっては自分の国の繁栄、将来は関係ないようだ

国の内需を高めければいけないときに 

企業間の競争だけで安い人件費にはしって

海外に生産拠点を移転し

国内産業の衰退をまねき

生産拠点を移した国に生産技術を盗まれ

やがてその国の技術力が高まっていくことに・・・・

その国の経済を発展させ人件費が上がってくると

さらに安い労働力を求めて移転していく

もっと 日本の繁栄を考えても良いのじゃないだろうか?



  
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ホリエモン独占インタビュー「僕が首相になっていたら」 | ホーム | メールのソフト何を使ってますか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genchan2.blog115.fc2.com/tb.php/163-57174e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
裁判員制度は迷惑
sponsored link
プロフィール

genchan2

Author:genchan2
よろしくね^^

リンク
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2サーチ
ランキング
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。